メイとメイちゃんママーOLDの徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS メイママ 映画「葛城事件」監督:赤堀雅秋・新井浩文 2016.6月18日

<<   作成日時 : 2016/06/21 20:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

2016.6月18日(土)
     映画「葛城事件」 



      上映時間 120分


監督・原案・脚本:赤堀雅秋


(出演)
三浦友和:葛城清

南果歩:葛城伸子

新井浩文:葛城保

若葉竜也:葛城稔

田中麗奈:星野順子


公式HP
http://katsuragi-jiken.com/
NEWS
http://news.phantom-film.com/katsuragi-jiken/
劇場
http://katsuragi-jiken.com/theater/
twitter
https://twitter.com/katsuragi_jiken
facebook
https://www.facebook.com/katsuragijiken/

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
2012年に『その夜の侍』(監督・脚本/堺雅人主演)で監督デビューを果たし、同年の新藤兼人賞金賞、ヨコハマ映画祭・森田芳光メモリアル新人監督賞を受賞。
モントリオール世界映画祭、ロンドン映画祭、台北金馬奨映画祭などに正式出品されるなど国内外で高い評価を得た。劇団THE SHAMPOO HATの旗揚げ以来、全作品の作・演出・出演を担当。
赤堀が描く登場人物とその生き様は、人間の本質に根ざす無様さや滑稽さ、残酷さや狂気までをあぶり出し丁寧に描き出す。
その独特の世界観は“赤堀ワールド”と言われ、熱狂的なファンを持つ『葛城事件』は、2013年に赤堀の作・演出で、初舞台となる新井浩文や鈴木砂羽らの客演で話題を呼んだ同名舞台の映画化。今回の映画化にあたり、監督自身が新たに改稿した。主人公の葛城清役に三浦友和。
青春スターを経て、善人から悪役、コミカルな役など硬軟幅広くこなせる日本を代表する俳優。「清役は三浦さん以外に考えられない」という監督からの熱いオファーを受け、今回の主演が決まった。
思い描いた理想の家族を求めながらも、崩壊へと向かわせてしまった父親を鬼気迫る迫力で演じている。そして、次第に精神を病んでいく妻の伸子役に南果歩、長男の保役は舞台版「葛城事件」では稔役を演じた新井浩文、次男の稔役にはオーディションで選ばれた若葉竜也、さらに死刑制度反対の立場から稔と獄中結婚する女性に田中麗奈と実力派俳優が集結し、問題をそれぞれに抱え、極限に立たされていく家族を演じている。
また、劇団THE SHAMPOO HATの劇団員をはじめ、舞台好きにはたまらない役者陣が脇を固めている。
周囲を取り巻く人間の様々な感情が交差しながら、観る者の心を鋭く抉る濃密な人間ドラマが完成した。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
「その夜の侍」の赤堀雅秋監督が同名舞台を映画化し、
無差別殺人事件を起こした加害者青年とその家族、加害者と
獄中結婚した女性が繰り広げる壮絶な人間模様を描いた
ドラマ。親が始めた金物屋を継いだ葛城清は、美しい妻・伸子と
共に2人の息子を育て、念願のマイホームも建てて理想の
家庭を築き上げたはずだった。しかし、清の強い思いは知らず
知らずのうちに家族を抑圧し、支配するようになっていた。
長男の保は従順だが対人関係に悩み、会社をリストラされた
ことも言い出せない。そして、アルバイトが長続きしないことを
清に責められ、理不尽な思いを募らせてきた次男の稔は、
ある日突然、8人を殺傷する無差別殺人事件を起こす。死刑
判決を受けた稔は、死刑制度反対を訴える女・星野が稔と
獄中結婚することになるが……。三浦友和が抑圧的な父・清役で
主演を務めるほか、母・伸子役に南果歩、兄・保役に舞台版で
稔役を演じた新井浩文、稔役に大衆演劇出身の若葉竜也
実力派キャストが集結。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
普通の家族が、なぜ崩壊し、無差別殺傷事件を
起こした死刑囚を生み出してしまったのか

どこにでもありそうな郊外の住宅地。ボソボソと「バラが咲いた」を
歌いながら、葛城清(三浦友和)は、古びた自宅の外壁に大量に
落書きされた「人殺し」「死刑」などの誹謗中傷をペンキで消している。
やがて庭へと移動し庭木にホースで水を撒きながら、ふと、この家を
建てた時に植えた、みかんの木に生(な)る青い実に手を延ばす―――。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
☆この『葛城事件』は、デビュー作となった『その夜の侍』(12)に続いて2本目の監督作になるわけですが、先行した舞台版とは少し肌合いの違うものになりましたね。

13年に上演した舞台は、ある事件をモチーフにしていて、無差別殺人へと走るモンスター的な次男を生みだしてしまった家族の悲哀を描くことが中心でした。今回映画化するにあたっては、もっと様々な事件を調べ、複合化しました。そもそも舞台版でもそうでしたが、特定の事件の異常さ、陰惨さを打ち出したいわけではなかったんです。なので映画では若葉(竜也)くんが演じた「稔」は、どんな家庭にも現れるであろう可能性を秘めたキャラクタ―に書き直そう、と。そこをまず前提にして描こうと思いました。

☆いままで2本とも原作はご自身の戯曲ですけれども、映画化を想定して書かれたりすることもあるのですか?

『その夜の侍』では全くそんなことはなかったのですが、『葛城事件』は舞台の台本を書くところから意識していたかもしれません。正直に申しあげますと、ちょっと中毒になるくらい映画を監督する作業が面白かったのです。不足だらけだった結果はさておきまして、心のどこかに「もう一度撮れるチャンスがあるのなら……」という気持ちはありましたね。幸い、前作のプロデューサーに声をかけていただいて、企画が成立しました。

☆葛城家の当主、「清」役には三浦友和さん。もう唯一無二のキャスティングだったそうで。

ええ。まずあの存在感です。威厳と憂い、そして愛情の深さも合わせ持っている佇まい。初めてお会いしたとき、部屋に入られた途端、「間違いない! 清役は絶対にこの人しかいない!!」と鳥肌が立ちました。それは未だ鮮烈に覚えています。約2時間、僕が作品や役柄についてほぼ一方的にお話をさせてもらったんですが、きっと三浦さん、不安が募ったかもしれませんね。でもとても真摯に耳を傾けていただき、しかも報道陣に清がもみくちゃにされる場面に対しては、「実際には記者はこう、カメラマンはこういうもんだよ」とアドバイスをくださった。瞬間的に「ああ、そうだよな、過去に報道被害をリアルに経験されている方なんだよなあ」と思いが至りました。結局そのシーンは、完成台本ではカットしてしまったのですが、一見、三浦さんとは無縁のような“葛城家”も、リアリティをもって見つめてくれていましたね。現場に入られてからも「白髪はこんな感じで、服はこう。ここではサングラスをかけていたほうがいいんじゃないか」と、いろいろご提案いただき、カメラを回すときには「そこに本当に清がいる」という感覚がしました。
☆他の葛城家のメンバーも、難役ばかりでしたが申し分なかったです。

理想として幸せな家庭を求め、それを清は意のままにコンプリートしようとしたんですね。南果歩さんにお願いした妻の「伸子」は意志が弱く、ちょっと思考停止していて何となく流されるままに生きている。たしかに難役で、とことん考えた結果、南さんならばきっと体現してくださるだろうと。長男の「保」役の新井浩文くんは舞台版では、殺人を犯す「稔」役だったんですね。もしかしたら映画でも引き続き稔役をやりたかったかもしれませんが、舞台版とはテイストを変えたかった。思うに、僕が知っている新井くんのパーソナリティはとても気を遣う人で、そこが好きなところでもあって、気を遣いすぎるがゆえに保というのはドツボにハマってゆくので、彼に演じてもらうことで、化学変化を期待しました。若葉くんはオーディションだったんですけど、各事務所から有望な方々に来ていただいて、時間をかけたそのオーディションの中でもダントツに良かったんです。最後の拘置所の長台詞のところを演じてもらったのですが、絶対にこの役を取ってやるぞという気概と、ものすごい緊張感と、いろんな要素があいまって、それが奇跡的にあの役にマッチして、もう満場一致でしたね。

☆では、撮影現場でカメラの前に立ったときも、若葉さんは監督の予想以上の演技を見せてくれた、と。

それはまた別でして(笑)。いや、若葉くんに限ったことではなく、役者にとって台本の一行一行を段取り芝居ではなく、いわゆる上手い演技でもなく、血肉となった言葉や動きにするのは至難の業だったりするんですよね。演出していた自分自身にも言い聞かせていたんですけど、「殺人犯を安易に演じることなどできない」と、現場で何度も話し合ったと思います。大仰な表現になりますが、若葉くんとはほとんどのシーンが“死闘”でしたね。「OKの声がかかるときには、全部記憶が飛んでいた」と後に本人が語ってました。

☆ということは、何が正解か分からぬまま、毎回OKの言葉を待って、ひたすら自分の記憶がなくなるまで演じて、それでOKが出てまたゼロに戻って……の連続ですか。

そうだと思います。申し訳ないのですが、脚本段階で考えぬいたつもりが、現場に入り、いざ生身の人間を相手にすると目線や声の出し方のひとつで、「稔は本当にこういう人間なのか」と常に自問自答することになり、確信が持てるまで、若葉くんにもひどく苦労をかけたはずです。

☆けれどもそれはきっと、誠実さの証左でしょう。

どうなんでしょうね。撮影が終わった今も、あれが正解だったのか判然としません。あくまで暫定的な答えを選んでいるのであって、逆切れのように発信するしかない(笑)。でも作品づくりとは、そういうものだと思います。

☆稔と獄中結婚する「星野」、田中麗奈さんの役どころも重要でした。

死刑制度廃止の団体に属している人間で、正義に向かって猪突猛進的な人物を描きかったのですが、それだけではなく、清とどこか背中合わせなニュアンスを出したかったんですね。星野は私生活で大きな孤独を抱えていて、その穴埋めをするために無自覚に死刑制度廃止活動にのめり込んでいる。清も自分自身の孤独や絶望、虚無感を穴埋めするために、家族にエネルギーを注いできた。どこか違う視点で葛城家と関わる人間を描きたいというのもあって、星野役を書きましたが、演じてくださった田中さん、実に素晴らしかったです。

☆ところで『その夜の侍』同様、『葛城事件』も“食をめぐる描写”が印象的だったのですが。

たとえば向田邦子さんは、僕の数倍も食の描写にこだわる方で、家族の食卓シーンで一品一品ちゃんと脚本に指定していた、という話を聞いたことがあるんですけど、やっぱり人間が表れますよね。外からは平和そうな家に見えて実はそうではなかったり、手作りであっても手が抜いてあったり、もしくは手をかけすぎて、荷が重くなっている場合もある。そういったディテールは演じ手にとっても大切で、舞台版のときからこだわっていたことです。

☆最後に。監督ご自身の家庭環境も気になってしまいました。

普通ですよ。びっくりするくらい普通。ただそれは、俯瞰で眺めた場合であって、家族を構成する個々人の主観にどう映っているのかは皆目分からない。一歩間違えば、何かが起きてしまっていたのかもしれないし。『その夜の侍』でもそうだったんですが、社会派の作品を世に問うたのではなく、「こういった現実がわれわれの地続きにある」という想像力を喚起したいだけなんです。できれば、映画を観終わったあともずーっと、悶々としてもらいたいですね。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
☆三浦友和「3年目の浮気」に命を懸けた!
「葛城事件」の印象的場面を告白
http://eiga.com/news/20160618/17/1/01/

☆長男はリストラで孤立、次男は死刑囚、母は精神崩壊、
そして父は──“最悪”だが“最高”! この《後味の悪さ》、やめられない、止まらない!!
http://eiga.com/movie/83276/special/

☆インタビュー
http://eiga.com/movie/83276/interview/

http://eiga.com/news/20160618/3/

☆映画ファンが選ぶ「後味の悪い映画ベスト5」!
1位は“あの監督”の代表作
http://eiga.com/news/20160608/11/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
☆メイママ テーマ「新井浩文」のブログ記事
http://meicyan.at.webry.info/theme/3e04a18a5b.html
☆メイママ テーマ「赤堀雅秋」のブログ記事
http://meicyan.at.webry.info/theme/9ac9bfd022.html

画像

☆メイママ 映画「百円の恋」 新井浩文・安藤サクラ 2015.1月15日
http://meicyan.at.webry.info/201501/article_4.html

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
☆メイとメイちゃんママーOLDの徒然日記
http://meicyan.at.webry.info/
☆メイママ [京子の部屋]−3  アートフラワー作品 (2010〜2012)
http://meicyan.at.webry.info/201212/article_2.html
☆メイママ [京子の部屋]−2  アートフラワー作品 (2008〜2009)
http://meicyan.at.webry.info/200906/article_12.html
☆メイママ [京子の部屋]−1  アートフラワー作品(2006〜2007)
http://meicyan.at.webry.info/200906/article_12.html
☆メイママ 「コタタンの遊び場」−3(2010)
http://meicyan.at.webry.info/201001/article_3.html
☆メイママ 「コタロウとシュウタの遊び場」
http://meicyan.at.webry.info/201101/article_2.html
☆[メイママ 総括]・・・観劇・ライブ
http://meicyan.at.webry.info/200705/article_7.html
☆ティータイム(竹花哲 web site)
http://www.satoshitakehana.com/
☆ブログ(この家といつまでも 彫刻のある生活)
http://ameblo.jp/terracotta-sora/

☆メイママ 「お宝写真」俳優ほか著名人−5 2012.3月14日
http://meicyan.at.webry.info/201203/article_3.html
☆メイママ 「お宝写真」俳優ほか著名人−4
http://meicyan.at.webry.info/201006/article_14.html
☆メイママ 「お宝写真」音楽関連・イベントほか著名人−1
http://meicyan.at.webry.info/201006/article_10.html
☆メイママ 「お宝写真」俳優ほか著名人−3
http://meicyan.at.webry.info/201006/article_5.html
☆メイママ 「お宝写真」俳優ほか著名人−2 6月3日
http://meicyan.at.webry.info/201006/article_4.html
☆メイママ 「お宝写真」俳優ほか著名人−1  6月2日
http://meicyan.at.webry.info/201006/article_3.html
☆メイママ 「お宝写真」演出家ほか著名人−2 6月2日
http://meicyan.at.webry.info/201006/article_2.html
☆メイママ 「お宝写真」演出家ほか著名人−1 6月1日
http://meicyan.at.webry.info/201006/article_1.html



















キッズお誕生日ストア







美しき酒呑みたち 六杯目 [DVD]
Happinet(SB)(D)
2016-04-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 美しき酒呑みたち 六杯目 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
メイママ 映画「葛城事件」監督:赤堀雅秋・新井浩文 2016.6月18日 メイとメイちゃんママーOLDの徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる