メイとメイちゃんママーOLDの徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS メイママ 映画「ジョン・ウィック」キアヌ・リーヴス 2015.11月1日 

<<   作成日時 : 2015/11/02 20:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

2015.11月1日(日)
   映画「ジョン・ウィック」




       上映時間  101分




監督 チャド・スタエルスキ

編集 エリザベト・ロナルズ・デヴィッド・リーチ

(キャスト)
キアヌ・リーヴス
ウィレム・デフォー
イアン・マクシェーン
ミカエル・ニクヴィスト
アルフィー・アレン
ディーン・ウィンタース
エイドリアンヌ・パリッキ
オメル・バルネア
トビー・レオナルド・ムーア
ダニエル・バーンハード
ブリジット・モイナハン
ジョン・レグイザモ
ブリジット・リーガン
ランス・レディック
ランダル・ダク・キム
デヴィッド・パトリック・ケリー
クラーク・ピータース
ケヴィン・ナッシュ
アンディ


公式HP
http://johnwick.jp/
劇場
http://www.eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=385
facebook
https://www.facebook.com/johnwick.jp
twitter
https://twitter.com/johnwickjp
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
『マトリックス』シリーズなどのキアヌ・リーヴスがすご腕の
元ヒットマンを演じたアクション。ロシアン・マフィアに平穏な
日々を壊された元暗殺者が、壮絶な復讐(ふくしゅう)に
乗り出していく。メガホンを取るのは、『マトリックス』シリーズ
などのスタントを務めてきたチャド・スタエルスキ。
『シャドウ・オブ・ヴァンパイア』などのウィレム・デフォー、
『ヘラクレス』などのイアン・マクシェーンら、実力派が
共演する。全編を貫くダークでスタイリッシュなビジュアルに
加え、カンフーと銃撃戦を融合させた迫力のアクションも必見。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
伝説的な暗殺者として裏社会にその名をとどろかせるも、
殺しの仕事から手を引いたジョン・ウィック(キアヌ・リーヴス)。
暴力から遠く慣れた毎日に安らぎを覚えていた彼だったが、
それをロシアン・マフィアによって奪われる。怒りと憎しみに
支配された彼は、封印していた殺しのスキルをよみがえらせ、
ロシアン・マフィアへのリベンジを果たすことを決意し……。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
「ジョン・ウィック」アクションのキアヌが完全復活! 新たな伝説の幕開けに刮目せよ

キアヌ・リーブスと言えば、出世作のノンストップアクション
「スピード」(94)と、SFアクションの金字塔的トリロジー
「マトリックス」(99〜03)。活劇の新潮流をも先導したこれら
傑作群に恵まれたものの、近年はパッとしなかったキアヌが、
ようやく本領を発揮できる作品に巡りあった。

 今回の役どころは、引退したスゴ腕の殺し屋ジョン・ウィック。
死別した妻から贈られた子犬との穏やかな暮らしで喪失感を
癒す導入部は、私生活の「いい人」ぶりがよく知られるキアヌに
ぴったりだ。しかし、ロシアンマフィアのボスのバカ息子が、
ジョンの愛車を奪うついでに愛犬も殺してしまったからさあ
大変。元殺し屋は封印していた闘争本能を解き放ち、
マフィア相手に壮絶な復讐を繰り広げていく。

 製作陣には、「マトリックス」でキアヌのスタントダブルを
務め、これが初監督作品となるチャド・スタエルスキほか、
熟練のアクション職人が集結。銃撃と格闘技を組み合わせ、
新銃術「ガンフー」を開発した。キアヌは長期の訓練と
綿密なリハーサルでこれをマスターし、撮影に臨んだ。

 こうして完成したアクション場面では、ジョンが流れるような
動きで次々に敵を撃ち、接近戦で殴り倒すシークエンスを、
少なめのカット割りでじっくりと提示。CGやワイヤーで誇張
したり、目まぐるしいほどカットを割ってスピード感を盛ったり
する派手なアクション大作とは一線を画す演出で、練り
上げられた型の美しさとリアルな身体の躍動で魅せる
“新時代の本格アクション”の趣さえ漂う。

 特筆すべきもう1つの見どころは、雰囲気たっぷりに描写される
裏稼業のコミュニティー。殺し屋たちが集う中立地帯のホテルが
あり、電話一本で駆けつけて死体を片付ける「掃除屋」たちが
いて、仕事の報酬は専用の金貨で支払われる。プロ同士の
信頼関係がクールに表現され、ニューヨークの夜の街並みと
ともにダークな世界観の構築に大いに貢献した。

 全米1位の大ヒットを受け、すでに続編の製作も決定。
キアヌの新たな代表作となる「ジョン・ウィック」シリーズの
幕開けに立ち会えることを喜びたい。(高森郁哉)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
☆キアヌ・リーブス、ウィレム・デフォーとのおちゃめな初共演話を告白
http://news.walkerplus.com/article/66276/
☆キアヌ・リーブス、野村忠宏のゴリ押しにも笑顔で対応
http://news.walkerplus.com/article/65594/
☆【インタビュー】キアヌ・リーブス、
     俳優として幸せを感じる瞬間
http://www.cinemacafe.net/article/2015/10/14/34851.html
http://movies.yahoo.co.jp/interview/20151015001/
http://johnwickjp.tumblr.com/?_ga=1.136689200.1432621505.1446459015
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
『96時間』(08年)、『イコライザー』(14年)などの「ナメてた相手が、実は殺人マシンでした!」ムービー・ファンならハートを掴まれること間違いなしな『ジョン・ウィック』。本作の見所は劇中、ジョン・ウィックが披露する格闘技と射撃を融合させた独特な戦闘スタイル・ガン・フー。こういう「実践的には間違いだけど、映画的にはカッコいいんでアリ!」な銃撃戦の元祖といえば『男たちの挽歌』(86年)からはじまるジョン・ウー監督の香港ノワール映画だろう。ウーが描いた、2丁拳銃を装弾数無視で多弾数速射する「その嘘、買った!」と言いたくなるようなファンタジックな射撃スタイルは、『デスペラード』(95年)『マトリックス』(99年)などのハリウッド映画だけでなく漫画、ゲームにも多大な影響を与えた。そして、このような銃撃アクションを、英語圏では「GUN FU」と呼ぶようになった。 ウーが提示したガン・フー・スタイルをさらに進化させた映画として大事なのが『リベリオン』(02年)。この作品では、カンフーや空手などの武術と銃撃を融合させ、相手と接近して撃ち合うガン=カタと呼ばれる映画オリジナルの格闘技が登場。清々しいくらいにリアリティを放棄し、カッコ良さのみを追及したガン=カタのインパクトは凄まじいものがあった。それゆえに、ガン=カタを超えるガン・フーは10年以上生まれることがなかった……。 そんなガン・フー映画界に新風を巻き起こしたのが『ジョン・ウィック』。本作が描くガン・フーはジョン・ウー・スタイルともガン=カタとも違う新流派。まず特徴的なのが、これまでのガン・フーは装弾数を無視した2丁拳銃アクションが主流だったが、本作では1丁のハンドガンを使う実戦的なコンバット・シューテイングがベースとなっている。劇中、ジョンが披露するテクニックは、C.A.R(center axis relock stance)システムという射撃スタイル。両手を前方に伸ばす従来の構え方と違い、両手を胸の前で合掌するような状態で銃を構えるのが基本。こうすると、室内などの狭い空間での撃ち合いに適しているうえに、手が届くような近い距離にいる相手でも無理なく射殺でき、マガジン・チェンジもしやすい、という実に合理的な殺人法だ。ちなみにジョンは敵を射殺する際は、基本的に1人に対して最低2発は弾丸をブチ込んでいる。 そんな超実戦的な射撃スタイルと融合する格闘技も『リベリオン』のようなカンフー・チックなものではなく柔道、柔術、ブラジリアン柔術、そしてロシアの軍隊式格闘技システマというゴリゴリの実戦系。それらの武術をキアヌは撮影前、4ヶ月間特訓し、撮影では90パーセントのスタントを自ら演じたという。そして完成した本作のガン・フーは、これまでの見た目の派手さを重視していたものと違い、「本当に有効的かも」と思わせてしまう説得力のあるものとなっている。 そんな殺人スキルを持つジョン・ウィックって何者?と思ってしまうが、実は映画の中でちゃんと彼が殺し屋になる以前の経歴が描かれている。それは、殺しを決意したジョンがシャワーを浴びるシーンにある。ここでジョンが刺青だらけのボディのオーナーであることがわかり、背中には「Fortis Fortuna Adiuvat」と彫ってある。これはFortune Favors the Bold(幸運は勇者に味方する)。ハワイのカネオヘ湾の米軍基地に所属する海兵隊のモットー。彼が軍隊帰りということを意味している。

http://cinemacity.co.jp/wp/ccnews/john_wick_goku-baku/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
☆メイママ 「お宝写真」俳優ほか著名人−5 2012.3月14日
http://meicyan.at.webry.info/201203/article_3.html
☆メイママ 「お宝写真」俳優ほか著名人−4
http://meicyan.at.webry.info/201006/article_14.html
☆メイママ 「お宝写真」音楽関連・イベントほか著名人−1
http://meicyan.at.webry.info/201006/article_10.html
☆メイママ 「お宝写真」俳優ほか著名人−3
http://meicyan.at.webry.info/201006/article_5.html
☆メイママ 「お宝写真」俳優ほか著名人−2 6月3日
http://meicyan.at.webry.info/201006/article_4.html
☆メイママ 「お宝写真」俳優ほか著名人−1  6月2日
http://meicyan.at.webry.info/201006/article_3.html
☆メイママ 「お宝写真」演出家ほか著名人−2 6月2日
http://meicyan.at.webry.info/201006/article_2.html
☆メイママ 「お宝写真」演出家ほか著名人−1 6月1日
http://meicyan.at.webry.info/201006/article_1.html

☆メイママ 「勝手に単独記事ランキング」2012.1月〜12月分 (2013.1.3現在)
http://meicyan.at.webry.info/201301/article_1.html
☆メイママ 「勝手に単独記事ランキング」2011.1月〜12月分 (2012.4.15現在)
http://meicyan.at.webry.info/201204/article_5.html
☆メイママ 「勝手に単独記事ランキング」2010.1月〜12月分 (2011.2.4現在)
http://meicyan.at.webry.info/201102/article_2.html
☆メイママ 「勝手に単独記事ランキング」2009.1月〜12月分 (2010.1.1現在)
http://meicyan.at.webry.info/201001/article_1.html
☆メイママ「勝手に単独記事ランキング」2008.1月〜12月分 (2009.1.1現在)
http://meicyan.at.webry.info/200901/article_3.html

☆メイとメイちゃんママーOLDの徒然日記
http://meicyan.at.webry.info/
☆メイママ [京子の部屋]−3  アートフラワー作品 (2010〜2012)
http://meicyan.at.webry.info/201212/article_2.html
☆メイママ [京子の部屋]−2  アートフラワー作品 (2008〜2009)
http://meicyan.at.webry.info/200906/article_12.html
☆メイママ [京子の部屋]−1  アートフラワー作品(2006〜2007)
http://meicyan.at.webry.info/200906/article_12.html
☆メイママ 「コタタンの遊び場」−3(2010)
http://meicyan.at.webry.info/201001/article_3.html
☆メイママ 「コタロウとシュウタの遊び場」
http://meicyan.at.webry.info/201101/article_2.html
☆[メイママ 総括]・・・観劇・ライブ
http://meicyan.at.webry.info/200705/article_7.html
☆ティータイム(竹花哲 web site)
http://www.satoshitakehana.com/
☆ブログ(この家といつまでも 彫刻のある生活)
http://ameblo.jp/terracotta-sora/







キッズお誕生日ストア




マトリックス スペシャル・バリューパック (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2013-08-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マトリックス スペシャル・バリューパック (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
メイママ 映画「ジョン・ウィック」キアヌ・リーヴス 2015.11月1日  メイとメイちゃんママーOLDの徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる